2018/01/12

平昌前哨戦 四大陸近づく

料金が上がる前になんとかお返しの年賀状を出し,一息ついたところで各地は寒波に見舞われましたが,いかがお過ごしでしょうか。今年も思いつくままにつづっていきたいと思いますので,お暇な方はお付き合いくださいませ。

さてと,スキージャンプの高梨選手や伊藤選手が代表入りするなど,約一か月後の平昌オリンピックに向けて選手団が確定,調整に余念がない時期かと思いますが,フュギュアスケートでは全日本を制してメンバーとなった宇野選手や宮原選手らが最後の調整をしており,坂本選手は午前中から始まる競技の時間帯に練習時間を合わせて調整しており,壮行会前の公開練習では順調な仕上がりを披露したとか。

そして,その前哨戦ともいえる四大陸選手権がせまってきました。
選手権にはキュートなエリザベート・トゥルシェンバエワ(KAZ)や実力者のアシュリー・ワグナーなどが予定されているようですが,平昌に向けた調整を優先に出場しない選手もおり,イマイチ盛り上がりに欠けるような気がしますが,まあこれもオリンピックイヤーということでしょうがないですかねえ。

で,日本のメダルの可能性はというと,かなり高いのではと思います。
ちなみに昨年は三原選手が優勝していますが,今回は宮原選手が出るので連覇は難しいと思いますが,ワンツーを期待したいところ。できれば独占したいところですが,どうなりますかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/30

平昌に向けて

先日開かれた全日本フィギュアスケートでは,宮原選手や宇野選手といった本命に加えて成長著しい坂本選手などが代表に選ばれ,スピードスケートでも小平選手や高木(美)選手が圧勝するなど,続々と代表が決まっています。

さてそのフィギュアスケートですが,スピードスケートのように客観的な記録が判断材料になるのと違って,演技構成点という主観が入るだけに,誰もが納得できる結果になるのは難しいかもしれません。これまでも,どう見ても違うだろうといった物議がかもしだされたことは珍しくありません。

女子についていえば,代表に選ばれた坂本選手と樋口選手については,演技構成点では樋口選手が上回っているものの,SPのダブルアクセルが成功したとしての基礎点を加えても合計で坂本選手を下回っています。結果的にSPでは後半にジャンプを入れるなど難しいプログラムを成功させた坂本選手に軍配があがっており,選考基準からいえば妥当な線かもしれません。

ただひとつ不安要素があるとすれば男子。平昌がぶっつけ本番となる羽生選手です。これまでの実績から選出されたものの,仮に欠場となった場合の影響は大きいものがあります。協会はどこまで状態を把握しているかはわかりませんが,きっちり対応してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/22

坂本急浮上 全日本フィギュア

フィギュアスケート全日本大会のショートプログラムは,成長著しい坂本花織が僅差で宮原選手を抑え,2人を追う本郷理華は,圧巻の演技でスタンドを魅了。
坂本選手は冒頭のスピンでことごとくレベル4をそろえて観客を惹きつけ,後半のジャンプへとつなげました。グランプリシリーズでは表彰台を逃したものの安定した滑りをみせ,今回の結果へとつながったようです。それにしてもキス&クライでの彼女の表情は初々しく,好感がもてます。演技後のガッツポーズに思わず「よくやった!」って思いました。

そして,もう1人浮上したのが本郷選手。結果的に3位になったものの,導入部のつかみは本郷選手のほうが1枚上手だったように思います。彼女は繰り上げ出場が多く,第三の選手的なイメージでしたが,今回はそれを払拭できたようです。

全日本では統計的に大逆転は起こりにくいといわれているようですが,過去にはショート5位から約6点差を逆転して3位入賞した浅田選手の例もあり,本郷選手にも点差からして逆転トップの可能性はあると思います。でもその時2位から逆転されてコケたのも彼女だったんですよねえw

さて,すべては明日のフリーで決まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/21

平昌代表は誰の手に

いよいよオリンピック代表選考会となるフィギュアスケート全日本選手権が開幕。
女子の注目選手の滑走順は抽選の結果
20番 三原舞依
24番 坂本花織
26番 樋口新葉
27番 宮原知子
29番 本郷理華
そして最終滑走は本田真凛
それぞれ公式練習では好調とのことですが,果たして・・・
枠は2人。宮原選手の本命は妥当なところだと思うのですが,次に誰が飛び込むかは,かなり拮抗しているのでちょっと予想が難しい。
ただ残念なのは,羽生選手のけがによる欠場。たぶん欠場したとしてもこれまでの実績から代表の可能性は高いでしょうね。
それはともかく,各選手の最高の演技が見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/12

宮原選手 復活のきざし

有力選手の相次ぐケガで欠場したなかでファイナル進出を果たした宮原選手は,結果的に5位と表彰台を逃しましたが,客観的に得点だけからみればけして調子が悪かったわけではなく,世界トップとの差がまだあるということでしょう。

とはいうものの,いまひとつジャンプで精彩を欠いていたのは否めないものの,表現力(プログラムコンポーネンツ)は着実に伸びており,ほぼ互角といっていいかと思います。
ジャンプに関しては高さが足りなかったのか回転不足をとられるなど精度がイマイチでした。しかし,あれだけ実戦から離れていたなかで,完全復活とはいえないものの,これだけの結果を残せるまでに復活したのはうれしい限りです。

次は2枠しかない平昌オリンピック代表選考会を兼ねた全日本。メダル獲得に向けてさらにジャンプの精度をあげることができれば代表は確実でしょう。そして2人目には,成長著しい樋口新葉,難病を克服して復活した三原舞依,表現力が武器の本田真凛の三つ巴を誰が制するのか。客観的に見れば樋口選手が一歩リードしているようにはみえますが,全日本の結果次第であり,誰にも切符を手にする可能性があります。個人的には三原選手を応援したいのですが,うーん,悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«メドベージェワ ファイナル欠場