« 快挙!男子フィギア | トップページ | 世界フィギア 銀盤の真央ちゃん »

2007/03/24

華麗な舞 浅田

いよいよフィギアの女子シングルがスタートした。
なんといっても見どころは真央ちゃんとキムの対決である。
まずはキム・ヨナが腰痛に悩まされているとは思えないパーフェクトな演技で70点台をたたき出し,トップに躍り出る。
続く中野友加里は,パープルなコスチュームであざやかなスピンを魅せるも4位につける。もう少しポイントが高いかと思ったが,やはり今の採点には合わないのだろうか。

さて,いよいよメインの最終組である。
まずは安藤美姫が「シェラザード」に乗せて演技のスタート。
おや?今までのミキティとちょっと違うなと気になっていたのだが,どうやらメイクのせいかもしれない。これまでのグリーンを基調としたものから,コスチュームに合わせたブルーを基調にしたナチュラルメイクに変わった。個人的には,このほうが好感度がアップする。
3ルッツ+3ループを鮮やかに決めて波に乗り,コンビネーションスピンもきれいに決まり,最後のステップも鮮やかにパーソナルベストの67.98点をたたき出し,2位に躍り出る。
このへんはトリノで肩の故障を乗り越えて演技したことが精神的に強くしたのではなかろうか。

ちょっと残念だったのは真央ちゃん。
浅田「ノクターン」の優雅な曲に合わせたのびのびとした演技で,キム・ヨナとは対照的である。ジャンプよりも優雅さに力点を置いたようだが,いかんせんキムのほうが色気は上かも。
最初のコンビネーションジャンプが中途半端に見えたが,これが点数の伸びない原因だったのだろうか。
5位のスタートとなったが,まだじゅうぶん上位を狙えるポジションである。ただ,ちょっと元気がないように見えたのが気になる。
がんばれ真央ちゃん!

|

« 快挙!男子フィギア | トップページ | 世界フィギア 銀盤の真央ちゃん »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華麗な舞 浅田:

« 快挙!男子フィギア | トップページ | 世界フィギア 銀盤の真央ちゃん »