« FIVBネーションズリーグ タイラウンド勝ち越す | トップページ

2018/06/16

フィギュア ルール改正でどう変わる?

次期シーズンに向けてISUが行うルール改正で,フィギュア界はどう変わるのでしょうか。
まずは主な改正ポイント
〇男子フリーの演技時間が4分20秒から女子と同じ4分
〇出来栄え(GOE)7段階から11段階
〇フリージャンプの制限
 3回転以上で2度跳べるのは2種類→うち4回転は1種類
〇演技後半のジャンプの加点
 すべて1.1倍からSPは最後の1本,FSは最後の3本のみ
〇4回転の基礎点が低くなった
それ以外にも変更点はありますが,大きな変更点はこんなところでしょうか。

では,この変更がどう影響するのか。難易度の4回転を跳べばいいということではなく,完成度の高いトリプルアクセルのほうが逆に高得点になる場合があり,いかにきれいなジャンプを跳ぶかがカギとなりそうです。

男子では多くの種類のジャンプを跳ぶ選手より羽生選手のようなきれいなジャンプを跳ぶ選手への評価が高くなりそうです。また,女子選手に顕著なのが,演技後半にジャンプを集中する演技構成で高得点を狙うことが難しくなること。

演技後半にジャンプを集中することの是非について賛否両論がありましたが,個人的には4回転を跳べばいいとは思わないので,演技時間が短くなったことにより体力勝負から濃い演技力勝負となり,フュギュア本来の演技が見られるかもしれないと思うといいことかもしれません。ネットではジャンプの評価が低い日本女子に不利のようなコメントがありましたが,それほど心配することはないと思います。

反面,難易度の高い演技が封じ込められる危惧あり,全面賛成とはいかないのがもどかしいかも。

|

« FIVBネーションズリーグ タイラウンド勝ち越す | トップページ

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128665/66837340

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア ルール改正でどう変わる?:

« FIVBネーションズリーグ タイラウンド勝ち越す | トップページ