« GPシリーズ かえってきたセクシー女王 | トップページ | ファイナルは二強対決に »

2018/11/13

NHK杯 紀平ファイナルが見えた

ファイナルをかけたNHK杯女子フリー。SPでは宮原とトクタミシェワとが予想どおり僅差でトップ争いを演じ,3位の三原との差は6点弱と,フリーの結果次第では誰が優勝してもおかしくない状況となりました。その中で三原は演技構成点でやや低いこと,ジャンプでミスがあったものの技術点で宮原を上回ったトクタミシェワがやや有利かと思えたのですが,こればかりはやってみないとわからないものですねえ。

結果としてはトリプルアクセルを成功させただけでなく難易度の高いプログラム構成をほぼノーミスで演じた紀平が5位からの逆転優勝。運が良ければ表彰台に上がれるかと思っていたのですが,これは予想外だったかも。

フリーでは,SPで転倒したトリプルアクセル・トリプルトーループのコンビネーションジャンプきれいに決めてプログラム構成では基礎点で宮原より8点高く,加点でも宮原より7点多いプラスを引き出し,結果として技術点で15点の差をつけての圧勝。演技構成点でも全体で2位と文句なし。初出場でのこの成績はたいしたものです。フランス大会の結果によってはファイナルもみえてきました。ケガでロシア大会を欠場する坂本選手のぶんもがんばってほしい。

宮原はさすがに演技構成点でトップとなりましたが,後半のジャンプで減点されるなど,課題がみえた大会となりましたが,それでも危なげなく復活したトクタミシェワとともにファイナルを決めたことに一安心。ファイナルが楽しみです。

|

« GPシリーズ かえってきたセクシー女王 | トップページ | ファイナルは二強対決に »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128665/67378451

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯 紀平ファイナルが見えた:

« GPシリーズ かえってきたセクシー女王 | トップページ | ファイナルは二強対決に »