2017/07/18

激闘を制したワールドグランプリ仙台大会

久々に開催された仙台大会最終日。1勝1敗で迎えた最終日は強豪ブラジル戦。
ブラジルに勝ったのはいつだったかも記憶にないくらいで,セルビア戦を引き摺らなければフルセットまでいけるかもという弱気な予想。とはいえ,相手はジャケリネ,アキンラディオ,シェイラといったスーパースターを引き継いだ新生チーム。世界ランク4位とはいえ,巧みな心理戦を織り交ぜてくるジョゼ監督率いるブラジルですから。
いっぽう迎え撃つ全日本もセッター対角に新鍋を起用するなど,これまでとちょっと違うメンバー構成となり,果たしてどんな展開を見せてくれるのだろうか。

第1セット開始早々にチャレンジを要求。結果的に成功しましたが,まずは心理戦でというところか。と思っていた矢先,キャプテンが審判に確認を要求。会場での説明ではよくわからなかったのですが,オーバーネットの判定に対してタッチネットがあったのではないかとのこと。この場合判定と違う部分についてのチャレンジはできないんですね。知らんかった。

そんなこんなでいつの間にか2セットを連取し,有利な試合展開となり,こりゃ楽勝かと思ったのですが,そこはブラジル。ブロックを修正され,単調な攻撃になってしまったこともあり2-2の振り出しに戻され,不安が頭で頭がいっぱいになった最終セット。
第2セット後半に投入され流れを呼び戻すきっかけになった島村のプレーで少しは希望が見えてきたかも。

20170716

第2セット スパイクを打つ内瀬戸選手

最終セットは,第4セットまで互角の試合展開となっていることもあり,ここはひとつ最初から気合を入れていかないと相手に流れを許すことになりかねません。試合は序盤からリードしているものの,点差はわずか。予断を許さない展開が続き,中盤で最大4点差をつけたものの,中盤に追いつかれます。この窮地を新鍋の機転のきいたプレーで逆転を阻止。そしてこの試合いちばんのハイライトともいえる,一体いつまで続くのかと手に汗を握る長いラリー。最後は奥村が決めましたが,どちらに転んでもおかしくない好プレーの連続に会場は騒然。

そして最後は相手のサーブミスでマッチポイントを逃れ,内瀬戸が決めてゲームセット。いやあ,久々の熱戦。そしてブラジルを撃破した試合を生で見られ,うえない幸福感を味わえました。
おめでとう!ニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

ありがとう さおり

LINEに告知され,気がつけば完売御礼となったスペシャルブック。それはさておき,予約していた通常版のメモリアルブックが発売日より1日早く届きました。

20170515_saori

パラパラとめくると,これって写真集?と思いましたが,後半に彼女のバレーボールや仲間に対する想いやが綴られており,貴重な写真がぎっしり詰まった1冊です。どんなことが書いてあるかというと・・・見てのお楽しみ。
ぼちぼち店頭に並んでいるかと思いますので,沙織ファンならずぜひ手にとってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/04

さおりメモリアル

先日木村沙織さんのLINEに告知されていたメモリアルブックの予約販売の告知があり,今日スタートしましたが,思い出してアクセスしたら限定ブックは5分で完売御礼だったとか。いやあ,その人気はさすがですねえ。
通常版は書店やオンラインショップで買えるようですが,売り切れ御免がこわいので,さっそく予約しました。

オフィシャルブログの画像もメモリアルブックからとったものに変わったとか。LINEも本人がプロデュースしたけっこう可愛いスタンプが多く,癒されます(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/30

佳菜子スマイル引退

先日浅田真央の引退があったばかりのところに,またしても華が競技のリンクから去ることとなったのはちょっとさびしい。

宮原知子がケガで欠場したなか,三原,樋口両選手のがんばりで世界国別対抗戦で日本に金メダルをもたらしましたが,そのエキシビションに登場し,引退発表した村上佳菜子。
彼女を初めて見たのは今から7年前になりますかねえ。全日本選手権にGPファイナル銅メダリストとして登場した彼女の水玉模様のコスチュームとともに,演技開始前の額に当てたキュートな姿,そして明るい笑顔で躍動していたのが印象的でした。

浅田,安藤美姫,鈴木明子といった実力者にまじって輝きを放つ彼女はアスリートというよりアイドルっぽい印象でした。その後は世界のトップと肩を並べるまでに成長しましたが,ケガの影響もあってか最近では上位に食い込むことが少なくなり,さびしく思っていました。

年齢的にはまだまだだとは思いますが,低年齢化とハイレベル化がすすむ中で,彼女の魅せる演技では日本代表入りが難しくなっていることから,個性を生かすという意味ではプロもひとつの選択肢なのかもしれません。競技の世界から去っていくのは残念ですが,新しい道でがんばってほしい。
FIGHT!佳菜子スマイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

栄光をたたえて

浅田真央さんの引退に関する各局で特番がひとまず落ち着き,桜が満開の今日,私的には日本のフィギュアを世界にアピールした第一人者である荒川静香さんと,共に仙台出身で世界のレベルを引っ張っている羽生結弦選手のモニュメントの除幕式が仙台市内で開かれました。

古くはコンパルソリー,氷上で既定の図形を正確に描く演技があり,見ているほうには極めておもしろくない競技で全く興味はなかったのですが,その後廃止され今のショートとフリーになったことでフィギュアスケートが冬季オリンピック競技の花形になり,徐々に関心をもつようになりました。そのきっかけとなったのが荒川静香選手のトリノオリンピックでの金メダル。

2017041601

そして男子に目を向けさせたのが,同じく東北高校出身で荒川さんの後輩にあたる羽生結弦。
その功績を讃えて, フィギュアスケート発祥の地である五色沼の近く,地下鉄東西線「国際センター駅」正面。に二人のモニュメントが設置されました。
五色沼で明治末期に旧制二高(現東北大学)の生徒がドイツ人にフィギュアスケートの基本を教えられたのが日本のフィギュアスケートのはじまりだといわれており,二人の偉業を讃える場所にふさわしいといえます。

2017041602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/10

浅田真央 引退!?

何気にテレビを見ていたら,浅田選手が自らブログで引退を表明したという予期せぬ一報が飛び込んできました。いやあ,驚いた。あわててブログにアクセスしようとしたらアクセスが集中してつながらない・・・

不調が続き,昨年の全日本では不本意な成績に終わり,宮原選手や三原選手といった若手の台頭,ロシア勢の勢いを考えたら,引退のタイミングとしては今なのかもしれません。

彼女はブログで引退を人生のひとつの通過点とし,新たな目標を見つけて前進したいと語っており,ここはひとつ暖かく見守っていきたいもの。

今日のフィギュアスケートの礎を築いた彼女の功績は大きいものがあり,そのことについてはあとで書くとして,まずはおつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/01

今日から4月 浅田選手が世界新!?

オリンピック3枠をかけた世界選手権。歴代チャンピオンがそろった豪華な大会となりました。男子は世界新を塗り替えた羽生弦,世界一の美しいステップで魅了する高橋大輔。

女子は強豪国アメリカからソルトレイク銅メダリストのミシェル・クワン,トリノ銀メダリストのサーシャ・コーエン。ロシアからソルトレイク銀メダリストのイリーナ・スツツカヤ。そして日本からはトリノ金メダリストの荒川静香,バンクーバー銀メダリスト浅田真央,女子史上初の4回転ジャンパー安藤美姫。

男子は断トツで羽生が金メダルを獲得。続く女子は,いつまでも美しさを保つ荒川が華麗なイナバウワーを決めると,安藤も4回転を2本決め,そして最後は浅田がショパンのノクターンで復活の3アクセルで世界記録を塗り替える230点超えでトップ。見事に表彰台を独占しました。

そんな夢で目が覚め,録画していた女子フリーを再生。三原舞依は5位と大健闘。しかしながら樋口は11位に食い込んだものの,本郷はケガの影響が抜けないためか16位と順位を落とし,3枠を逃しました。層の薄い日本女子。見渡してみればポスト浅田候補が宮原ひとりでは心許ない。

ここはやはり中野友加里や村主章枝の復活で盛り上げ,シニアから転向する本田真凛と宮原のツートップが続くのはどうだろう。
そんな妄想がふくらむ4月1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

いよいよ開幕 五輪出場枠をかけたたたかい

来年開催される平昌3枠がかかる世界大会が始まりますが,男子では羽生選手は仕上がりが好調で王座奪還なるか。しかし女子はエース宮原がケガで欠場となり,かなりきびしい状況となっています。

浅田真央から学んだという演技力で先の四大陸で優勝した三原選手は依然好調をキープしており,上位進出の期待がかかっており,樋続く口若葉選手が出場と切符のプレッシャーをはねのけていつもどおりの演技ができればトップ10には入れそうですが,問題は本郷理華選手。これまでの経験を生かした演技ができればと思うのですが,調整不足から練習でミスが目立つとか。

宮原選手の欠場はあまりに大きいものがあり,女子選手の層の薄さを浮き彫りにしているように思います。しかし,逆に今大会は存在感をアピールするチャンスでもあるわけで,彼女たちの奮闘を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

本郷 プランタン杯制す

ルクセンブルクで行われたフィギュアスケートプランタン杯で本郷理華選手がSP、FSともトップで優勝しました。

正直、プランタン杯はあまり馴染みのない大会なのでちょっと調べてみたら、国際競技会として30年の歴史があるようで、ISUのイベントカレンダーにも掲載されているとか。とはいうものの、成績は公式記録とならず、男子シングルで300点超で優勝した宇野選手は公式記録には載らないとか。とはいうものの、女子は出場選手が16人とまあまあなのに対して男子は5人。無良選手とワンツーとはいうものの、男女ともトップ選手不在とあってはぶっちぎりでもあまりうれしくないかな。

女子は本郷選手1人だけでしたが、最近の本郷選手といえばいつの間にか繰り上がりで主要大会に出ている印象が強いのは気のせいでしょうか。先月の四大陸選手権も宮原の欠場で急遽メンバー入りしたものの、調整不足で本来の実力が出せず残念な結果に終わりました。そういう意味では魅力はあるもののイマイチ二番手から抜けられない悲運な選手かもしれません。今大会はトップ選手がおらず、彼女の実力からしたら当然の結果でしょうし、今後に向けていい調整ができたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/28

目指せ世界ジュニア2連覇

フィギュアスケート全日本選手権,男子は大本命不在のなか,宇野昌磨が順当に初の金メダルを獲得し,女子も宮原の圧勝となりました。しかし,今シーズンの宮原は回転不足をとられたのが尾を引いているのかジャンプのミスが目立ち,不安要素をのぞかせましたが,四大陸選手権,世界選手権に向けてうまく調整できるでしょう。そして,初出場の樋口,三原両選手には惜しくも連続出場を逃した村上佳菜子,本郷理華のぶんもがんばってほしい。

さて,今回はジュニア勢の活躍が目覚ましく世代交代を思わせる内容でしたが,なかでも注目したいのは,この秋JALとスポンサー契約をし,ジュニア世界選手権連覇がかかっている本田真凛ちゃん。全日本では4位と世界ジュニアチャンピオンの実力をみせてくれました。エキシビジョンでは可愛らしいCAの衣装,曲も「スチュワーデス物語」の主題になったフラッシュダンス。曲とマッチしていてとても良かったですね。歌ああいう演技はあまり見ないように思いますが,新しい面をみられてうれしかったかも。

「ドジでノロマな亀」より可愛い(^^
ジュニアグランプリファイナルは残念ながらインフルエンザで欠場しましたが,そのぶんもがんばってくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧