2017/12/01

不審メールに気をつけましょう

久々に怪しげなメールがきました。
タイトルは
「カード利用のお知らせ」

「【重要】不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」提供開始について」
の2通。

まずは前者のメール。楽天カードは持っていないが,とりあえずメールをクリック。
リンクを開いてみると,楽天のIDとパスワード入力画面が表示されましたが,いつも見慣れている画面と微妙に違うのでそのまま閉じ,改めてメールのヘッダーを見てみると,セキュリティの観点からBCCで送るのが本来なのに,複数のアドレスあてに送ってある。
やっぱりフィッシングですかあ。

次に後者のメールは
-------------------------
尊敬するお客様へ
いつ楽天銀行をご利用いただき誠にありがとうございます。
-------------------------
で始まる不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」のインストールを促す内容。
通常「尊敬するお客様へ」との表現はお目にかかったことがないので「?」マークが頭をよぎりました。

というわけで「楽天」「PhishWallプレミアム」で検索してみると,関連記事がけっこうヒットします。楽天銀行のサイトでもお知らせを掲載しています。ウィルス対策ソフトのおかげで事なきを得ましたが,最近の詐欺メールはかなり巧妙になっているので,みなさま気をつけましょう。

しかし,そのページの詳細を検索できるサイトにアクセスしてみたら,かなり混みあってました。誰しも考えることは同じですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/08

100均便利グッズ~USB方向転換器

思いがけない便利グッツを目にする100均ショップ.家電店で買えば何百円もするのが,わずか100円で買えるのがうれしい.そこで,某サイトに紹介されていたグッズを試してみました.

まずはUSB変換アダプタ.パソコン本体の端子の位置やパソコンの置き場所によってはUSB端子が意外とじゃまになり,周辺機器との接続部がごちゃごちゃしてしまいます.そんな時に「Seria」で見つけたUSB方向転換器.
こんなのがあると,ケーブルの向きを自由に変えることによって周囲がスッキリします.

20140208_usb
何気ないことですが,意外と便利.普通に買ってもそれほど高額なものではないですが,割安感があります.

便利グッズ~クリップ式LEDライト

付箋をプリント メモプリ

ステーショナリーグッズを試す~加圧式ボールペン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/10

XPの終焉

ついにWindowsXPのサポートが終わりましたねえ。
これまでを振り返ってみると、Windows95からWindows8までのうち、サポート期間がいちばん長かったOSのようです。
Windowsは95から98になって使い勝手が向上し、パソコン普及のきっかけとなりました。ただ、当時は従量制の電話回線が主流で通信費が高く、データ量の大きいインターネットよりも、それぞれのプロバイダーが独自に提供するパソコン通信が華やかな時代だったように思います。かくいう私も、某プロバイダーのサービスであるフォーラムが中心でした。

時は流れ、不評を買ったMeを経てXPが登場。それでも98の安定性は捨てがたく、Meにしたもののあまりの不安定さに98に逆戻り、XPが出てもしばらくは98の環境にしておりました。
その後XP、Vista、7、8と乗り換えてきましたが、安定性が向上したXP、動作が重いVista、改良された7、スタートメニューなどが一新されて使い勝手が悪くなった8。おもしろいことに使い勝手の良さは交互に違っているようです。

98のサポート終了時はそれほど話題にはなりませんでしたが、今回のXPはかなりマスコミをにぎわせています。98時代は比較的乗り換えのハードルが低かったこともありますが、インターネットのすそ野が広がり、パソコンの普及率が高い現代においては、98時代とは事情も違うので単純に比較はできませんがね。

さて、あなたは脱XPは済んでいる?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/11/05

新ブラウザIE11の戸惑い

デスクトップの見た目は変わらないが、スタート画面から起動するWindows8版のIEはタブの表示位置が変更されるなど、見た目にも違いがわかる。
それだけなら別に問題はないが、セキュリティ機能が変更されたのだろうか、フリーソフトにも影響が出ているようだ。

いつものとおりブラウザを立ち上げると、「EJIE Technoloryの・・・セキュリティ強化機能と互換性がないため、無効になっています」とかいう、見慣れないエラー表示が毎回出る。キャンセルすれば問題ないのだが、うっとうしいなあと思い解決策を検索していたら、どうやらエクスプローラーをタブ表示できるフリーソフト「Clover」が原因と思われた。

これをインストールすることによって、よくわからんアドオンもいっしょにインストールされるらしい。セキュリティ強化機能と互換性がないとのことで、それを解除する方法が見つからない。ならばと、これだけをアドオンの管理から削除しようとしても削除できない。さあ困った。これはCloverをアンインストールするしかないか。せっかく便利に使っていたものだけに残念。

その他、動画関係のフリーソフトなどにもうまく動作しない不具合が出ている。かといって、なんらかの設定を変えればいいのかとも思い、とあちこち比べてみても今のところ解決策は見つかっていない。
そういう意味ではWindows8+IE10とは別物かもしれない。結論。もし、いろいろフリーソフトを愛用しているのであれば、Windows8.1にアップグレードするのは慎重にしたほうがいいでしょう。

Windows8.1を試してみた

Windows8.1のスタート画面

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/11/03

Windows8.1のスタート画面

スタートボタンが復活したというのでWindows8.1へのアップグレードしてみた。なんとかアップグレードに成功し、立ち上げてみた。普段はフリーソフトでデスクトップをデフォルトにしており、あまり見ないせいかスタート画面には大きな変化はないように見えるが、ちょっとばかりアプリのボタンが増えたように思う。
ここでのメリットはすべてのアプリ表示がワンクリックでできるようになったこと。普段デスクトップで使っているのと、使用頻度の多いものをスタート画面にピン止めしているので個人的にはあまり恩恵は受けないが、タッチパネル非対応のパソコンユーザーにとってはちょっと便利になった。グループごとに名前をつけられるのは分類する時には楽だ。

次に復活したというスタートボタンを試してみる。普通に左クリックしたのではデスクトップとの切り替えであり、右クリックから選択するのはちょっと戸惑う。しかし、Windows7までとはまったく異なっており、どちらかというとシステム関係の設定メニューといったところである。従来のようにここからインストールされているプログラムを起動するメニューがなく、結局スタート画面から起動するため、復活というのには当たらない気がする。それを期待していたユーザーにとって使い勝手はまったく改善されていない。期待は完全に裏切られた。やっぱりClassic Shellは手放せないのでバージョンアップした。

次に、よく使うメールやOffice関係であるが、その前に戸惑う場面が出てきた。なんと、IME言語バーが消えてしまった。あちこち検索して、ようやく表示させることに成功。やれやれ、慣れていた今までの設定にするのになかなか骨が折れる。
その方法は、コントロールパネルの「言語」をクリック。「詳細設定」の「入力方式の切り替え」にある項目の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる。
これでとりあえず入力が楽になった。

Imebar

言語バーのデザインがちょっとが変わった

しかし、いいことばかりではなく、予想もしないエラーが・・・
(以下続く)

Windows8.1を試してみた

新ブラウザIE11の戸惑い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/01

Windows8.1を試してみた

今までの使い勝手に慣れたユーザーから何かと不満が出ていたwindows8に、スタートアップを復活させた8.1がリリースされた。
リリース前の記事では、復活したといってもwindows7までとは違うというのは書かれていたが、果たして使い勝手は戻ったのか。
まずはアップグレードであるが、ストア経由でやってみた。

Win81a

手順どおりやってみると、意外に時間がかかり、おまけに途中でアップグレードできないというエラー表示が出たので、手順が間違ったのではないかと思うほど。最初からやり直すとすんなり実行されたのでひと安心。しかし、途中で「元に戻すことができる」表示が出るとのことだったのだが、なぜか表示されないままアップグレードが終了。

Win81b

最後にライセンス契約に同意してログオン。ログオンはWindowsアカウントかローカルアカウントかを選択するのは、初めてWindows8をセットアップする時と同じような手順なのだが、ここで気をつけたいのは、ログオンパスワードを覚えておくこと。特に「PIN」コードでのログオン設定にしている場合は要注意。

Win81c

いやはや、普段はPINコードでログオンしているため、はてパスワードはなんだっけ?
って、焦ったのは私だけか?(汗)
ローカルアカウントが頭からすっぽり抜け、MSアカウントでなんとかログオンしたけど、いやあ、まいった。
最終的にアップグレードに要した時間は1時間強。予想以上に時間がかかったが、なんとかを完了して立ち上げた画面とは。
(以下続く)

Windows8.1のスタート画面

新ブラウザIE11の戸惑い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/09

Vistaのサポート延長される

5年前に鳴り物入りで登場したWindows Vistaのサポートは,2017年4月までの延長が決まった.当初は2012年4月10日までの予定であり,終了まで1カ月,今秋にはWindows8が発売されようかというこの時期,今さら繋ぎにWindows7マシンを購入する気になれないのでどうしようかと考えていた矢先のことである.

今のVistaマシンをアップグレードしようかとも考えたのだが,一部使えないユーティリティソフトがあり,メーカーサポートもないし,いくら評判がよくないとはいえ先行のXPより寿命が短いというのは無茶とぼやきつつ,とりあえずオンラインはXPマシンで急場をしのごうかと思っていたところ,ほっと胸をなでおろした.

延長の正式な理由は発表は出されていないようだが,基本的にM社のサポート期間は短いように思う.今回のサポートポリシー更新では,現行OSは一律に10年に更新された.Windows8についてはどうなるか不明とのことであるが,価格が安くなったとはいえ,そう簡単に買い替えられるものではないだけに,今後も延長してほしいものである.少なくても次世代OSへのアップグレードにあたってはドライバーなどの互換性を確保し,ハードルを下げたバージョンはできないものだろうか.多機能化もいいが,すべてのユーザーがそれを望んでいるとは思えないのだが.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/23

ツイッターの功罪

なでしこの興奮に冷や水をかける事態が起きた。すでにネット上を騒がせ、スポーツ紙にも大きく取り上げられたのが、決勝戦のヒロイン熊谷選手の飲み会での言動がツイッターで暴露された事件。彼女への擁護論が大勢を占め、暴露した大学生に非難が集中している。帰国後のハードスケジュールのなかでつい気を許したとはいえ、熊谷選手のガードが甘かったところに原因の一端があったことは否定できないところではあるが、あそこまで炎上するのはちょっと異常のような気がする。

大学側としても注意処分をせざるを得なかっただろうし、基本的には本人の資質によるところが大きいのだが、今回の事件は氷山の一角のような気がする。ツイッターやフェイスブックといったコミュニケーションツールはその利便性から今回の災害でも重要な情報伝達手段として注目度が急上昇している。しかし、その危険性をどれだけ理解しているのだろうか。気軽に書き込め、仲間内での連絡にも便利であるが、不特定多数の閲覧が可能であり、いわば公衆の面前でマイクを使って話しているようなもの。
その有効性は認めるところではあるが、危険性を踏まえて正しく利用してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

キングソフトの実力(使い勝手)

とりあえず普段使っているWordとExcelとの使い勝手を試してみました。基本的な使い方では大きな違和感はありませんが、仔細な部分で気になる部分をあげてみました。ただ、まだ理解していないためWordなどと同じように使おうとしたことにも起因していると思われ、必ずしも欠点ではないことを最初におことわりします。

まずは互換性について。Kingsoft Writer2010の純粋な拡張子は「wps」、Kingsoft Spreadsheets2010の拡張子は「et」ですが、問題なく読み込めるので特段の問題はなさそうです。気をつけたいのはWord2007で作成した場合拡張子がdocxとなるので、Word2007形式のドキュメントに対してWriterを通常のソフトとして関連付けしていないと、Writerを起動してファイルを開く操作をしてもデフォルトではファイルが見つからないので、ファイル形式で「すべてのファイル」を選択する必要があるようです。
しかし、通常ではMicrosoft WordとKingsoft Writerを併用する環境は必要ないと思うので、メインに使うソフトに関連付けておけば済む問題でしょうな。

しかーし、だったら互換性はあるものの、Word2007と互換性があるのであれば拡張子「docx」形式で保存できるようにできなかったんですかねえ。できないなら(Writer)2010などとまぎらわしい命名しなくてもよさそうに思うのですが。。。
いずれにしてもMicrosoft Word&Excel2003とは操作性が類似しているので大きな違和感はありませんが、Microsoft Word&Excel2007を常用している人にとってはインターフェイス大幅に異なるのでとまどいそうです。
ま、いまだMicrosoft Word&Excel2007に慣れない私にとっては逆に好都合ですが(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/22

キングソフトの実力(導入編)

ふと目に止まったOffice2010の文字。そして価格をみてビックリ。なんで新製品がこんなに安いのかと思いきや、キングソフトOfficeでした。

最近の激安パソコンにはOffice製品がインストールされていないケースが多くなっていますが、M社製はライセンスの関係で複数台にインストールできないことからパッケージ版の購入を余儀なくされ、結局のところ激安の恩恵があまり感じられない気がします。
そこで味方になってくれるのがこのように互換性のあるソフトの存在です。

そうはいうものの、実際のところ使い勝手はどうなのかが気になります。そこで、Officeレスの購入を検討していることもあり、価格的にMicrosoft Officeの約1/10ということで操作性に問題ないのであればこれでもいいかなと製品版を導入してみました。

King_1s_2
インストール自体は非常にスムーズで短時間で終了し、M社製品のようなイライラ感はありません。
同社のHPに記載されているインストール方法によればセキュリティソフトも同梱されているように記載されているのですが、CD-ROM版のインストール時には表示されません。もしかしてダウンロード版限定なのかなと思ったりしたのですが、とりあえずセキュリティソフトは導入しているので何の問題もないので気にしないことにしましょう。
無事インストールして立ち上げてみると、Microsoft Officeと画面構成が類似しており、操作上の違和感はありません。では、ぼちぼち操作性を検証してみますか。

King_2s

(下方はMicrosoft Word2007画面)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧