2017/11/30

冬の風物詩 光のページェント

紅葉狩りに出かけたものの,まだまだ早い景色にがっかりしたのがついこの間のように感じるこの頃,北国ではいつの間にか道路に落ち葉が舞い散り,踏みしめるほどに銀杏の匂いが冬の到来を告げる季節になってきました。

20171124

落ち葉の絨毯(仙台市内)

そして,すっかり仙台市民にはお馴染みとなった風物詩,SENDAI光のページェントの準備がすすみ,一部で試験点灯が行われました。32回目を迎える今年のテーマは「みんなで灯す,心の明かり」だとか。なんか,どこかの宗教のキャッチフレーズを思い浮かべるのは私だけでしょうか。

ともあれ,少しでも心が温まりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

車の手入れ スーパーワックスゴールド

車の洗車は自動洗車ではなく手動でていねいにやろうとすると,とかく手のかかるもの。洗車のやり方はこちらを参考にするとして,洗車後のワックス掛けもまた面倒。使い勝手からいえば固形タイプや液体タイプの違いはありますが,そんなに大差はなく,まあ好みでしょうな。

と思っていたのですが,ある日某ホームセンターでワックスの実演販売に遭遇しました。さすがに営業マンのトークはたいしたもんだと思いつつ聞き流すつもりだったのですが,実際に使用前・使用後の比較を目のあたりにしたら,なんと「目からウロコ」状態。

ちょっと高いかなと思いつつお試し版を買って試してみました。
そのワックスは宮城県仙台市内のアドバンスプランというメーカー製のスーパーワックスゴールド。営業マンいわく,ディーラーも展示車に使っているのだとか。
で,試してみました。撥水性といい光沢といい,たしかに他のものとはちょっと違い,ネットでの評判も上々のようです。

20170523_wax

使い方はきわめて簡単。ボトルのキャップ1杯半に100mLで車1台のワックス掛けが可能です。それを水で薄めてタオルにしみこませ,固く絞って拭いた後に乾いた布で軽く仕上げるだけと実に簡単。へたをすると塗った後に白くなりがちですが,そんなことはありません。もし残っても,有害ではないのでそのまま捨てても問題なし。
晴天時でもワックス掛けが可能で,ドアミラーなどに塗ってもOK。とはいうものの,フロントガラスは避けたほうがいいかも。そして効果もばつぐんでいうことなし。
先日の洗車時に使い切ったので販売店に行ったら,今は扱っていないとのこと。それならばとネットで検索したら,いつもの140mLのものは残り1本とのことだったので速攻で買い。

ちょっとお高いですが,試してみる価値はあると思います。ということで,まずはタオル付きのお試し版がおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

あれから6年

早いものであの震災から6年を、警察や海保をはじめ行方不明者の捜索がいまなお行われており、先日も女の子の遺品が見つかったとか。そんな中、各地で慰霊祭があり発生時刻には黙とうが行われました。

ちょうどその時間帯はスーパー「E」に買い物に出かけており、店内には黙とうの協力をお願いするアナウンスがありました。
買い物客がその場で黙とうしたまではよかったのですが、始まって間もなく「大売り出し、大バーゲン」といった店内放送が絶え間なく流れてきたのです。いかにも形式だけの黙とうといった感は免れず、鎮魂よりも商魂が最優先なのですかねえ。

お客さまへの貢献を永遠の使命・・・を基本理念としている企業が、その一方でこのような配慮の欠けたやり方をするのはいかがなものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/02

ステーショナリーグッズを試す~メモックロールテープ

久々にステーショナリーグッズについて書いてみました。
某テレビ番組で「文具命」の女性がいろいろな文具を紹介していますが、文房具店を回ってみるのもおもしろいものです。

今回はメモックロールテープ。よく見かけるポストイットはサイズもいろいろで用途によって使い分けられるので便利なのですが、を使っているのですが、メモックロールテープは全面に粘着剤がついており、長さも自由にカットできるので便利です。また、インデックスとしても使えるなど、アイディア次第では幅広く使えます。

知人いわく、カレンダーをボード代わりにしてポストイットでメモしており、いつの間にか剥がれていたりして不便を感じていたが、これなら使い勝手がよさそうと速攻で買ってきたとか。
テープの材質としてポリと紙があるようですが、用途や好みで使い分ければいいでしょう。

Memo01_3

カッター部分がノコギリ状でカットしやすい

気をつけたいのはカッター形状。素材がポリ製のほうはカッター部分がノコギリ状になっていてでカットしやすいのですが、あとで買った紙製のテープの場合鉛筆でも書けますが、カッター部分が丸みをおびていて切りにくいので、そのへんの工夫がほしいところ。

Memo02

こちらはちょっと切りにくい


ステーショナリーグッズを試す~加圧式ボールペン

ステーショナリーグッズを試す~ツールスタンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

春よこい

関東地方に続き東海地方でも春一番が吹いたとの発表がありましたが、東北地方の春はまだまだですねえ。春一番とは北日本と沖縄を除く地域で2月から3月の半ばに、その年で初めて吹く南寄りの強い風のことだそうですが、なぜ東北・北海道地方には春一番がないのでしょうか。

実は、名古屋周辺は紀伊山地にブロックさられて春一番と呼ばれる風は吹かないのだとか。
ということは、東北地方も奥羽山脈や出羽山脈などに遮られて春一番は吹かない?

春一番が吹いたあとは寒さが戻る、いわゆる「寒の戻り」があるそうですが、春一番のない仙台でも冬に逆戻りしたような小雪がちらつく寒い1日になりました。
まさかここまでとは思わず少し薄着をしたのを後悔する羽目に。さて・・・三寒四温はまだ遠いようです。春が待ち遠しいこの頃。

などと書いているところへ滋賀県で河津桜が開花したとのニュースが。日本は広いねえ・・・

20170221001

小雪の舞う中出勤するサラリーマン(仙台市中心部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/13

今冬いちばんの冬将軍

暖かかった正月とは打って変わって今年もセンター試験はきびしい寒波に覆われましたなあ。
仙台でこれだけですから,豪雪地帯は想像もつきません。

この寒さにポケモンも冬眠してしまったのか,めっきりハンターをみかけなくなりました。

そんな中,いつもお弁当を売りに来るお姉さんは,なぜかニコニコ顔。聞けばこれでスキーができるとか。
できればスキー場だけに降ってほしいですねえ(寒)

20170113a2_3

寒さの中 通勤を急ぐサラリーマンたち(宮城県庁前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

謹賀新年

新年いめでとうございます
本年も気ままに書きつづっていきますので,ヒマつぶしにご覧いただければうれしいです

20170101

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/09/02

ポケモンハンターの年齢層は

相変わらずポケストップには老若男女のハンターが群がっているなか,宮城県はポケモンGOのイベント開催や珍しいポケモンを出現させるシステム改修関連の予算を議会に提出する方針だとか。イベントに流行を取り入れるのは聞く話ですが,さすがに1企業に3,000万円の補正予算を組むのは聞いたことがありませんなあ。

そんなポケモンのハンターの年齢層はどうなんだろうと仙台市内のあるポケストップを観察してみたら,意外な結果が。
ポケストップには仕事帰りのサラリーマンをはじめ,平日とは思えない人だかりができています。さっそくカウントを開始。
ざっとカウントしたところ,200名を超えたところでの結果ですが,213名中,男女の比率は半々といったところでした。年齢層としては,外見からの推測になりますが40代が約10%弱と,けっこう幅広いものでした。意外だったのは,時間帯もあるのでしょうが,どうみてもサラリーマンやOL風で中高生がいなかったこと。
そして,40代以上と思われるハンターはほとんどが男性で女性は1名にとどまりました。

デジタルデバイドなどが影響して中高年層の女性が少ないだろうという予測は当たってましたが,当初の予想と違って年齢層が広いのにびっくり。サンプルが少ないので傾向をつかむまでにはいたりませんが,面白い傾向でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/26

ポケGOハンター出没中

日本上陸したポケモンGOのダウンロード数が減り,下火になったのではないかとのニュースが流れましたが,なんのなんの。ここ数日著しく増殖しています。
そしてついにポケモンをしながら車を運転し死亡事故を起こしたという痛ましいニュースが流れました。
これまでも「ながらゲーム」の危険性は報じられてきましたが,最悪の事態が起きてしまいました。

夕方ともなれば珍しいキャラクターが現れるポイントは仕事帰りに楽しむ人たちでいっぱいですが,実際,歩きながらにとどまらず自転車のハンドル部分にスマホを固定してのながら運転や路肩に駐車して操作しているのを見かけることが多く,ヒヤッとすることが多くなりました。


Pokego

人気スポットはハンターでいっぱい

個人的にはポケモンに興味はありませんが,かといって自体は否定するものではなく,活用のしかたによっては地域の活性化も期待できるツールにもなり得えるのですが,死亡事故に至らないまでも事故が多発すれば規制がかかりかねない諸刃の刃であることを認識すべきです。

ポケモンに限らず「ながら」はやめてほしい。

※画像は事故とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/02

若者は虫を触れない?

学校は夏休み,いいですねえ。私は夏休みを卒業してから何十年たつのだろうか(苦)
さて,夏休みの楽しみのひとつといえば,昆虫採集。子供のころ朝早くに近くの神社の林に行き,木の幹を蹴ること。なんのためか?それはカブトムシを取るためにほかなりません。彼らは日が昇るとどこかへ行ってしまうので,早朝がねらい目なのです。
その足で畑に向かい,キュウリを手に帰ったもの。

しかしそれも遠い昔。今は農薬のせいか都市化されたアスファルト道のせいかわかりませんが,めっきり少なくなり,田舎に帰っても見かけることはなくなりました。

現代では昆虫は採集するのではなく買うのが一般的になり,触れ合う機会も減ってきました。
そのせいか,素手で触れない若者が増えているらしい。特に20代の男性に多く,4人に3人以上が素手で昆虫を触ることができず,虫が近づくと恐怖を感じるのだとか。

先日,私の職場の事務室にミンミンゼミが舞い込んできました。まさか部屋で飼うわけにもいかないので手で捕まえて外に放り出しました。セミは元気に飛んでいきましたが,部屋の中を飛び回っていたら昆虫恐怖症の若者はパニックになっていたでしょうな。それを思うと笑いごとではすまないかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧